So-net無料ブログ作成
検索選択

黒帯さん [カラテ]

カラテの修行のハナシ。


このたび、昇段を許されました。


実は私が昇段の審査を受けたのは去年の夏のことです・・・そして、其の結果は条件付きの合格でした。


課せられた条件とは・・・


我が同好会のみならず、東京城西支部の一般の道場での稽古を続けること、ならびに、「型」の試合に出場すること、大きくは此の二つ。


稽古の継続は当然のこと。でも、もう一方の肝心の試合に出る機会を逸してしまい、あれよあれよという間に一年近くが経ってしまったというわけです。


審査の結果を頂いてから、臥薪嘗胆とばかりに、職場のパソコンデスクトップにコレを掲げて、常に見つめておりました。


そして、過日、記事にした通り、今年の七月半ばも過ぎたころ、やっと支部内交流試合に出場。結果はイマイチだったのが残念なところですが、条件を無事に果たすことができ、8月1日、認定状と新しい帯を拝受いたしました。


他人について稽古の見学に行ったのが縁で入門して20年と少し経ちます。途中、昼も夜もない記者生活で年単位で稽古に出られないこともありました。会社の宿直勤務を終え、その足で合宿に向かい、合宿の帰りにそのまま家に帰らず会社に入って夜勤に突入・・・ということもありました。


やっと到達した初段で、その感慨たるや如何に・・・と思って授与に臨んだものの、そんな感慨に浸ることは無く、初段としての責任感や、これからの身の振り方に思いが飛んで、身の引き締まる思いを新たにした次第です。


そう、これは我が究極の目標に非ず、通過点なのです。
これに満足せず、引き続き、前を向いて、進んでいくこと、極真の道を全うすることを誓います。


この場を借りて、カラテの関連でお世話になった多くの方々に御礼を申し上げます、ありがとうございました。


おっと忘れちゃいけない。
いつも稽古の汗でドロドロになったカラテ着を、いやな顔一つせず洗って、次に備えてくれる、うちの奥さんにも感謝しなくちゃね・・・ありがとう。



押忍



nice!(1)  コメント(0)